Envelope online shop

フリーダイヤル:0800-800-0925
携帯電話・PHSから:03-6432-7385(有料)

消費税率変更に伴う価格表示について »
配送・送料についてはこちら »

トップページ  / Envelope FOOD HALL / 調味料・油 / [豊国屋]納豆糀漬

Envelope FOOD HALL | [豊国屋]納豆糀漬 3つの発酵食品が一緒になった、おかず納豆

神奈川県の津久井在来大豆を使った納豆に醤油、米、米糀を合わせた納豆糀漬けをご紹介します。もう一品ほしいときにうれしいごはんのお供です。
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Pin it
  • Google+でシェア
SALE  → 
残りわずか
Sold out
注文数:

*価格は消費税込みの金額です

■津久井の“まぼろし”の地大豆


「在来品種」という言葉をご存知ですか?土地土地の農家が自家採種し、長い年月をかけて育ててきた農作物のことで、改良品種(奨励品種)と区別してそう呼びます。

在来品種の大豆は「在来大豆」「地大豆」と呼ばれ、全国に約300種存在します。品種改良されていないため生産の手間はかかりますが、味わいがとても豊かで品種・土地の個性が楽しめることから、少しずつ注目されています。

その中のひとつ、「津久井在来大豆」は神奈川県相模原市の農家で栽培されてきた地大豆。一時期つくり手がいなくなり“まぼろし”の大豆と言われていましたが、近年は「地域おこしに」と少しずつ栽培に取り組む農家が増えてきたそうです。

▲左から、津久井在来大豆を使った商品開発を手掛ける豊国屋 岡本さん、生産者の塩脇さん、池田さん

▲収穫時期の大豆

■栗のように、甘くてほくほく


津久井在来大豆の一番の特長は、その濃厚な甘さ。食感もほくほくしているので、「栗みたいだね」と言われることも多いそうです。

調べてみると、ショ糖の含有量が一般的な大豆(エンレイ)は4.24%なのに対して、津久井在来大豆は6.91%。約1.6倍もショ糖が含まれているため、いつもの大豆の味を想像しながら口にいれると、その甘さに驚かされるのです。

▲そのままおやつになりそうなくらい、大豆の味がしっかりと感じられます

また、粒が大きいことも個性のひとつ。一般的な大豆(エンレイ)と比べると、1割ほど大きいため料理に使うと見栄えがします。


■そのまま食べても、混ぜてもおいしい


納豆糀漬の原材料は、納豆、醤油、米、米糀と、みなさんにおなじみのものばかり。ひと口食べると、やわらかな納豆の香りと粘りに、味噌のようなコク。白いごはんや豆腐にのせれば、納得のおいしさです。トーストやパスタ、野菜スティックにもよく合います。

▲納豆に、津久井在来大豆を使用

豊国屋の岡本さんがおすすめする食べ方は、いわし節をのせてとごま油をひと垂らししたもの。魚の旨味とごま油の香りが、さらに奥行きのある味にしてくれます。いわし節がない場合は、鰹節で試してみてくださいね。

▲鰹節でつくったもの。茹でた豚肉につけて、サニーレタスで巻いて食べるのもおいしい

■必要なときにすぐ使えます


蓋つきのスタンドパックなので少し食べたい時に便利で、スプーンいらずで洗い物も増えません。また、開封まで常温保存ができるので、旅先、アウトドアに持っていくこともできます。


■もう一品ほしいときに、頼りになる


毎日のおかずづくりにも、納豆糀漬けは活躍してくれます。もちろん、そのままでもおかずになりますが、今回は、少しだけアレンジしたものをご紹介します。

納豆糀漬のやたら風
信州の郷土料理「やたら」をイメージして、小さな角切りにしたきゅうり、漬物と和えてみました。深みのある納豆糀漬に、きゅうりのフレッシュな味わいと、漬物の楽しい食感が加わります。豆腐にのせたり、そのまま、おつまみとしてもおいしい一品です。


納豆糀漬パスタ
茹でたパスタ(100g)に納豆糀(大さじ2)とバター(大さじ1)、お好みで醤油(少々)を絡め、大葉をのせてできあがり。

▲明太子やイカの刺身を加えるのもおすすめです

■関連記事


《おいしいつくり手》昔ながらの在来大豆を守って/豊国屋


SHOPPING MEMO


名称:納豆糀漬
原材料名:納豆(神奈川県産)、醤油、米、米糀(原材料の一部に小麦、大豆を含む)
内容量:200g
賞味期限:2019年10月15日
保存方法:直射日光、高温多湿を避け、常温で保存。開封後は要冷蔵(10℃以下)で保存し、お早めにお召し上がりください

食品のため、お客様都合での返品・交換は承れません。
配送・ラッピング
箱入りラッピング 不可
簡単ラッピング 不可
ネコポス 不可

関連商品

カートに入れるボタンへ ▲